生命保険とはそもそも何なのか?

生命保険の特徴と種類

生命保険は必要と言う人もいれば必要ないと言う人もいるので実際に必要なのか疑問に感じてしまう人も少なくないでしょう。そこで生命保険はどのような保険なのかを見ていく事にしましょう。

生命保険は人間が死亡した時に損失を保障するのを目的とした保険で加入していると受取人に保険金を支払う事を約束する事が出来ます。

それにより死亡した時に残された遺族が保険金を受け取る事が出来て生活していけるようになります。貯蓄が十分ある人や生命保険以外で対応する事が出来る人は生命保険に加入する必要性はありませんが、一般的には必要性があると言えます。

生命保険を加入するタイミングは一般的に結婚する時と言われています。

独身の時は配偶者がいないので生命保険に加入する必要性をあまり感じませんが、結婚すると配偶者が出来るので万が一死亡してしまった時に配偶者など残された人がしっかり生活していけるように生命保険に加入する必要性が出てきます。

それにより20代は生命保険の加入率はあまり多くありませんが、結婚をする事が多い30代を過ぎると生命保険の加入率も多くなっています。

生命保険の種類は一定期間以内に死亡した時に保険金が支払われる定期保険と保険期間を定めないでいつ死亡しても保険金が支払われる終身保険があります。

終身保険は保険期間を定めない生命保険なので定期保険より保険料が割高になってしまいますが、生涯を保障してくれるメリットもあるので終身保険に加入する人は多いです。

 

生命保険と入院保険の違いとは

生命保険とは、病気や事故などで万が一お亡くなりになった場合に、残された遺族が生活費や葬祭費用などに困らないように死亡保険金として受け渡すことができるものです。

また、お亡くなりにならなかったとしても、事故や病気などで重い障害を負ったりした場合にも保険金を受け取ることも出来ます。

また、一定期間払い込むと死亡保険金額と同じだけの金額が生きている間に受け取ることができる「養老保険」などもあり、相続税対策で生命保険をかける場合もあります。

また、生命保険は途中で解約をした場合に解約の返戻金が貰えるタイプが主流で、払い込んだ保険料より多く解約返戻金が戻ってくるタイプもあります。

医療保険とは、病気や事故などで万が一入院や手術をしてしまった場合、その入院日数や手術内容などに合わせて給付金を保障してもらえるものです。

多くの場合は入院1日につき5000円や10000円など、入院した日数に応じて給付金が保障されますが、最近のタイプだと、先進医療と言われる健康保険が使えない治療に対して費用の保障をしてくれたり、かかった医療費に対する実費を補填してくれるタイプもあります。

また、通院の際に使える通院保障や、ガンとお医者様から診断をされただけで一時金が保障されるタイプの保険もあります。一般的に医療保険自体には死亡保障が付いていないので、あくまでも生きている間の保障であり、解約をした時に返戻金が付いていない(かけすて)タイプが主流です。

 

保障内容はしっかり把握すること

自分自身も生保レディさんの言いなりになって加入したので、あとになってこんな保障必要だったのかと思うことがあります。

あれもこれもと保障をつけたは言いものの、掛金の支払いに追われてしまい、結局続けることができなくなったりします。年齢的にも今から新しく加入するとなると掛金も高くなります。

たとえば、生保レディさんから勧められた先進医療保障って必要なんだろうか?

その時は、万が一、保険外の治療を受けるような病気なったら・・・と思って保障を付帯したのですが、いくら保障があってもそんな高額な治療を受けようと思うかどうかが疑問です。

そうなると最低限の保障でいいんじゃないかって思います。最低限とは、入院と手術、今なら、給与カバーの保障でしょうか。

最近のネット保険は自分で保障を組み合わせることもできると聞きます。本当に必要な保障だけを組み合わせて、長く続けることができる保険に加入することが失敗しないコツではないかと思っています。

 

保険の担当者が信頼できるかを見抜く最初のポイント

生命保険を検討する際、自分の担当者が信頼出来るのかそうでないのか、気になりますよね。ネットからの問い合わせ、家族や知人の紹介などのきっかけは人により様々でしょう。

しかしどんなきっかけで、何人に会ったとしても、まず見ておきたいポイントがあります。

それは、担当者が生命保険のプラン内容について話す前に、あなたの事についてどのくらい質問してきたか、です。

あなたに必要な生命保険の保障内容は、あなたが置かれている環境によって変わってきます。本当にあなたの事を考えてくれている担当者であれば、具体的に、以下のような事柄について尋ねてくるのです。

・自営業、または正社員、アルバイト、パートなどの雇用形態
・月収や貯蓄、加入している保険の内容などの経済的な状況
・家族の年齢、扶養状況とそれぞれの雇用形態や収入

基本的には上記のような事、担当者によってはもっと詳細にリサーチをしてきます。生命保険を検討しているのに、いろいろと尋ねられると少し面倒にも感じるかもしれません。

しかしこれは、闇雲に保険を売ろうとしているのではなく、真っ当な保険営業に必要な事です。そんな事を尋ねてくる良い担当者は、少しでもあなたの役に立つ内容の保険にしようとプランを練るのです。

一方、あなたの事など真剣に考えていない、自分の営業成績のみ考えている担当者が居たとします。

その担当者は、ある程度オールマイティーな誰にでも提案しやすい、金太郎飴のようなプランを誰にでも提案します。契約する側が要望を言い出さなければ、その担当者にとっては契約さえ貰えれば金太郎飴プランでも何でも構いません。契約者が要望を言い出した場合には、プランを変更すれば良いのです。

保険営業にとっては、一番効率が良い営業方法ではないでしょうか。一概には言えませんが、数を多くこなさなければならない成績の良いベテラン営業ほど、このような方法を取りがちです。

ネットであれ対面であれ、Web上の記事やパンフレットでメリットばかりを見る事も危険です。そして対面の場合は、巧みな話術で良い気分にさせられたり、食事や景品のプレゼントで誤魔化されてはいけません。

保険の担当者が、信頼できる人物か、そうでないかを見抜く際には、是非思い出して見てください。プランの提案前、または加入前に、あなたについての質問がどのくらいありましたか?

 

病名が該当していないと保険がおりないものがある保険もあります。

生命保険を選ぶ時に注意したのは病気をして手術をする時に大体の大まかな病気が書いてあるのですが、その病気に対しての保険がおりる時は保険会社が決めた病名しかおりなかったりする場合があって、該当しない場合は一切保険がおりないのでビックリしました。それからは全般におりる共済をかける事にしました。

共済だと掛け金は安いというのとおりる額が他の保険に比べたら少ないというのがありますが「確実におりる」という安心が欲しかったのでこの保険に切り替えました。CMでも3代疾病にとか紹介されたりしていますがそれ以外でおりなかった時のショックは凄かったです。

自分の体験談になってしまいますが何かあった時にかけておく保険なので自分がその通りの病気にかかってくれたらいいのですが他の病気になってしまって今までかけていた保険の額がおりないのはとても悲しかったです。あとは手術はでるけど通院保証はないというのもしっかり確認しないとガッカリします。

 

消費者金融の審査で在籍確認の電話が嫌なときの対処法!
消費者金融の審査を申し込んだときん、在籍確認の電話が嫌なときはモビットのWEB完結申込を利用するのがおすすめです。もしあなたがモビットのWEB完結申込を利用すれば、勤務先への電話確認なしでキャッシングできるので安心ですよ。