生命保険の掛捨てと積立型の違い

生命保険の掛捨てと積立型の違い

生命保険の掛け捨てと積み立て型の違いは、掛金と返戻金に違いがあります。掛け捨ては、積み立て部分がなく、単純に保障部分を掛けるわけだから、積み立て型と比べ、掛け金は安くなります。

10年満期で更新ごとに掛け金が上がるようなタイプが多いと思います。そして、返戻金はありません。積み立て型は、保障部分だけでなく、積み立て分も支払う訳だから、掛け捨て型に比べ、掛け金は高くなります。

掛け金は満期が来るまで変わらないタイプが多いと思います。そして、解約返戻金があります。満期まで解約しなければ、自分が掛けた相当額が解約返戻金として返ってくる場合がありますが、契約期間の途中で解約して場合、掛け金の6,7割しか戻ってこない場合も多く、損することもあると思います。

では、掛け捨て型と積み立て型とどちらが良いかと言えば、それぞれの考え方によるので一概に言えないと思います。

掛け捨て型は、月々の掛金が積み立て型と比べて安い分、それを自分で運用することができます。積み立て型は月々の掛金が掛け捨て型に比べ高いため、生活スタイルが変わり、月々の支払いが厳しくなった場合、中途解約をして損をすることもあります。ただし、満期まで解約しなければ掛け金相当額が戻ってくる場合があるというメリットもあります。

 

 

掛捨て型の生命保険について

掛捨て型生命保険のメリットとしては、掛捨てである分保険料が安く済むということです。

毎月、毎年の支払いとなるため少しでも保険料を抑えて家計の負担をなくしたいというのはどの家庭でも同じだと思います。積立型ばかり入っていたらそれだけで家計が赤字になってしまうので、掛捨て型の保険を目的に合わせて備えることで保険料の負担を抑えることができます。

デメリットとしては、それが死亡保障だった場合、一生涯の保障ではないということです。平均寿命が延びている現代ですので、満期が決まっている死亡保障だと長生きした場合保障がなくなってしまう可能性があります。

掛捨て型はメリットとデメリット両方が存在するので、できれば基本は積立型で一生涯保障のある死亡保障を備えて、掛捨て型はそれを補う形で必要な期間だけ備えるほうがいいかと思います。

例えば積立型で葬式代として最低限の金額を一生涯保障として備え、お子さんが独立するまでだったり配偶者が年金受給できるまでの間は掛捨て型で死亡保障を上乗せするなどです。掛捨て型のメリットはこういう風に使い勝手が良く目的に合わせて備えやすい点もあります。

 

 

積立型の生命保険について

生命保険に掛け捨て型と積立型があります。このうち積立型について説明したいと思います。積立型というとはその名の通り払った保険料のうち何割かが解約した時に戻ってくるものです。支払いを終える期間や解約の時期によって(つまり商品によって)戻ってくる金額は様々ですが、貯蓄を目的に契約する人がほとんどではないでしょうか。

今や銀行の金利は大変低く普通預金にお金を置いておいても利息は知れたものです。保険を使って貯蓄をする場合その契約にもよりますが一定の利率で貯蓄を行えたり、円以外のドルやそのほかの貨幣で財産を保有することで安全とは言われているものの円の変動があった時にリスクが分散され財産の減りが少ないこともあり得ます。

国の政府が発行する貨幣はその政府の信用にかかっています。

掛け捨てと比較してのメリットは書いたように「お金が戻ってくる」というとことにつきます。貯蓄をメインに色々なタイプの保障を選べます。(死んだ時の保険や、ケガ、入院、ガン、など)

掛け捨てと比較した時のデメリットは「掛け金が総じて高い」ということだと思います。貯蓄分が保険に上乗せされているイメージでしょうか。しかし(銀行などと比較して)単独で貯蓄を行うよりもセットの保険が割安になることを考えれば子供や老後、家族将来に使う貯蓄をプラスでつけている方も多いのではないでしょうか。

稼ぎ頭の男性は掛け捨て型を選ぶことが多く、女性は積立型を選ぶことが多いそうです。

斉藤豊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です