私が腫瘍が出来た時に保険に入っていて良かったなと思いました。

私が腫瘍が出来た時に保険に入っていて良かったなと思いました。

私は27歳の時に胸の腫瘍が出来ました。テレビの番組で乳ガンの検査を見ていて自分もあるかなと思ったらしこりがありました。とりあえず病院に行って検査を受けたら乳ガンでは無かったのですがほっとくと腫瘍が大きくなるような病気でした。

その時は結婚していて旦那さんと同じ保険に入っていたので対象になるかどうか次の日に早速保険会社に電話で相談をしました。保険の対象で保険はおりる事になりました。手術は本当に怖かったですが保険に入っていて費用の心配をせずにいれたので心の負担も軽く済みました。

共済の保険でしたが一定の額が出るような保険に入っていたのでその時は全部保険がおりたので凄く嬉しかったです。

病気になるまでは保険をかけているのがもったいないなとか思っていましたがいざとなると有り難みが分かりました。病気を期に保険にかける金額を増やしました。また病気にはなりたくないですがもしまたなったらと思うと心の保険になるなと思っています。

 

 

加入するなら先のことを考えて

生命保険は掛捨て型と積立型とあります。掛捨て型は返戻金がないので目的にしっかりあっていないともったいないです。

積立型は保険料が高く家計の負担になってしまいます。積立型を貯蓄として使う方法もありますが、その場合でもしっかり先のことまで考えて加入することが大切です。積立型は途中で解約した場合返ってくるお金がありますが、元本割れして返ってくることになるので大きく損をしてしまう場合があります。

独身の方で積立型に加入して貯蓄する場合、今は保険料を払うことができても将来結婚して子供ができた時のことを考えた上で金額を決めた方がいいと思われます。独身のうちは自分のお金は自由に使えますが、結婚して子供が生まれたらそういうわけにはいきません。

高い保険料で貯蓄していてもそれが家計を苦しめることにもなるかもしれません。そんなとき、解約しようと思っても元本割れしてしまい、とてももったいないです。ぜひご検討ください。

生命保険の掛捨てと積立型の違い

生命保険の掛捨てと積立型の違い

生命保険の掛け捨てと積み立て型の違いは、掛金と返戻金に違いがあります。掛け捨ては、積み立て部分がなく、単純に保障部分を掛けるわけだから、積み立て型と比べ、掛け金は安くなります。

10年満期で更新ごとに掛け金が上がるようなタイプが多いと思います。そして、返戻金はありません。積み立て型は、保障部分だけでなく、積み立て分も支払う訳だから、掛け捨て型に比べ、掛け金は高くなります。

掛け金は満期が来るまで変わらないタイプが多いと思います。そして、解約返戻金があります。満期まで解約しなければ、自分が掛けた相当額が解約返戻金として返ってくる場合がありますが、契約期間の途中で解約して場合、掛け金の6,7割しか戻ってこない場合も多く、損することもあると思います。

では、掛け捨て型と積み立て型とどちらが良いかと言えば、それぞれの考え方によるので一概に言えないと思います。

掛け捨て型は、月々の掛金が積み立て型と比べて安い分、それを自分で運用することができます。積み立て型は月々の掛金が掛け捨て型に比べ高いため、生活スタイルが変わり、月々の支払いが厳しくなった場合、中途解約をして損をすることもあります。ただし、満期まで解約しなければ掛け金相当額が戻ってくる場合があるというメリットもあります。

 

 

掛捨て型の生命保険について

掛捨て型生命保険のメリットとしては、掛捨てである分保険料が安く済むということです。

毎月、毎年の支払いとなるため少しでも保険料を抑えて家計の負担をなくしたいというのはどの家庭でも同じだと思います。積立型ばかり入っていたらそれだけで家計が赤字になってしまうので、掛捨て型の保険を目的に合わせて備えることで保険料の負担を抑えることができます。

デメリットとしては、それが死亡保障だった場合、一生涯の保障ではないということです。平均寿命が延びている現代ですので、満期が決まっている死亡保障だと長生きした場合保障がなくなってしまう可能性があります。

掛捨て型はメリットとデメリット両方が存在するので、できれば基本は積立型で一生涯保障のある死亡保障を備えて、掛捨て型はそれを補う形で必要な期間だけ備えるほうがいいかと思います。

例えば積立型で葬式代として最低限の金額を一生涯保障として備え、お子さんが独立するまでだったり配偶者が年金受給できるまでの間は掛捨て型で死亡保障を上乗せするなどです。掛捨て型のメリットはこういう風に使い勝手が良く目的に合わせて備えやすい点もあります。

 

 

積立型の生命保険について

生命保険に掛け捨て型と積立型があります。このうち積立型について説明したいと思います。積立型というとはその名の通り払った保険料のうち何割かが解約した時に戻ってくるものです。支払いを終える期間や解約の時期によって(つまり商品によって)戻ってくる金額は様々ですが、貯蓄を目的に契約する人がほとんどではないでしょうか。

今や銀行の金利は大変低く普通預金にお金を置いておいても利息は知れたものです。保険を使って貯蓄をする場合その契約にもよりますが一定の利率で貯蓄を行えたり、円以外のドルやそのほかの貨幣で財産を保有することで安全とは言われているものの円の変動があった時にリスクが分散され財産の減りが少ないこともあり得ます。

国の政府が発行する貨幣はその政府の信用にかかっています。

掛け捨てと比較してのメリットは書いたように「お金が戻ってくる」というとことにつきます。貯蓄をメインに色々なタイプの保障を選べます。(死んだ時の保険や、ケガ、入院、ガン、など)

掛け捨てと比較した時のデメリットは「掛け金が総じて高い」ということだと思います。貯蓄分が保険に上乗せされているイメージでしょうか。しかし(銀行などと比較して)単独で貯蓄を行うよりもセットの保険が割安になることを考えれば子供や老後、家族将来に使う貯蓄をプラスでつけている方も多いのではないでしょうか。

稼ぎ頭の男性は掛け捨て型を選ぶことが多く、女性は積立型を選ぶことが多いそうです。

賢く選んで賢く生きよう!

賢く選んで賢く生きよう!

生命保険とは、人の死亡や定められた一定の年齢までの生存を条件として、契約内容に基づいた金額を支払う事を規約とした保障契約です。

生命保険には様々な状況下で規約が異なり、種類が沢山あります。被保険者が死亡した時に支払われる「死亡保険」、満期に到達した時点で被保険者が生存している時に支払われる「生存保険」、上記の死亡保険と生存保険を組み合わせた「養老保険」等が代表的なものです。

この他にも現代の日本社会の変化に対応した「ガン保険」はここ近年加入率が高く、ガンで入院や通院、所定の手術を受けた場合に安心して闘病生活が送れる様に備えとして注目されています。

また、子宮ガン、乳ガン等の女性特有のガンの治療にまつわる単独の保険も同じく注目されている現状です。一言でガン治療と言っても様々な治療を医師と相談しながら進行度合いによって段階を追って進めていきます。なかでも、抗がん剤治療、放射線治療は誰もが知る代表的なものですが、これらもガン保険に加入をしていれば、契約の範囲内で手厚くサポートしてくれます。

人間、日々の生活の中で、いつどこでどんな事件や事故に巻き込まれるか分かりませんし危険やアクシデントもつき物です。昔から「備えあれば憂いなし」と言う言葉があります。

このことわざは、まさに保険の事だと思います。日頃から万が一の事を常に頭に置き、準備が整っていればアクシデントが起きても慌てることがありません。保険は家族の為、そして何より自分の為に生きていく上での心のお守りです。

 

 

簡単!生命保険と入院保険のちがい

みなさんは保険についてどのようにお考えでしょうか。若い方ほど、まだまだ保険の知識も少なく、保険料を支払うことにも抵抗があるのかもしれません。
しかし、保険について知ることで少し考え方も変わるのでは…!保険にはたくさんの種類があり、それがなおさら保険を遠ざけていることも事実です。

保険を契約している人にとっても、細かい保険の説明を求めても、戸惑う人がほとんどです。

まずは代表的な「生命保険」と「入院保険」について知ってください。

この二つの保険の違いは、ただ一つ。保険金が下りるタイミングです。基本的に保険に入る時は、いつどのような状況の時に保険金が下りて欲しいのか、それを元に商品を選択するところから始まります。

では、この二つの保険はどのような場合に保険金を受け取れるのでしょうか。

「生命保険」は死亡した時に保険金を受け取る保険です。残された家族のために掛ける保険です。ですので、一家の家計を支えている人が主に契約する保険と言えます。

「入院保険」は名前の通り、入院した時に保険金を受け取る保険です。医学が進歩している現代では、手術を伴う入院でも1週間もあれば退院出来ることがほとんどですので、1日目から保険金の支払いの対象となっていますが、昔に契約されている保険は5日目から保険金が下りるものが主でした。

入院することで、仕事を休まなくてはならなくなったり、入院時に病院に支払う代金の他にも生活費が普段よりかかることから、入院保険に入ってる方は多いのではないでしょうか。

どちらの保険も、貯金をたくさんされている方には不要のものかもしれません。特に入院保険は、入院をしなかった場合は恩恵が受けられません。でも、保険金をたくさんもらえる対象者は、健康な人に比べて幸せなのでしょうか。

保険とは、保険金を受け取るために入るのですが、本来は「安心をお金で買っている」のです。

 

生命保険を選ぶ時のポイント

 【何に対して不安なのかを整理する】

生命保険を検討する時には、なぜ保険が必要かを考えましょう。

・結婚して家族が増えた
・自分の家系はがん家系だ
・病気等で収入が途絶えたらどうしよう

人それぞれ、生活サイクルが変わったり不安要素があったりします。今不安に思っている事を解消できる商品を検討することが大事です。

 

【補償内容は各社様々、色々内容を見てみよう】

保険=死んだらお金がもらえる・・・だけではありません。大きな病気になったら一時金がもらえる、収入の保証をしてくれる等、様々な商品があります。保険会社によって商品特徴は色々有ります。今はネット検索で商品情報を簡単に調べられます。付き合いのある保険会社のおばさんの情報だけでなく、比較検討は必要です!

【終身保険と定期保険の違いを知ろう】

「終身保険」一定期間もしくは一生涯保険料を払うことにより、死ぬまで補償を受けられる物。保険料は高めですが、一生の安心を手にすることが出来ます。
「定期保険」一定期間内保険料を払うことにより、その期間内だけ補償を受けられる物。「掛け捨て」と言われるものです。保険料は安めですが、期間切れ間近に補償を更新するか選択を迫られます。更新をすると保険料は上がります。

【月々払える保険料の予算は?】

家計を圧迫するほどの保険料はナンセンス。しかし、安すぎて意味の無い補償はただお金を捨てているのと同じ。必ず予算通りに加入できるとは限りませんが、「ここまでなら払える」上限は決めておきましょう。

【保険を検討し始めたら決断は速やかに!】

保険は一歳でも若く、健康なうちに加入をしましょう。決断を先延ばしにしているうちに保険料が大幅に上がってしまった・健康状態の問題で加入できなくなった!なんて事態も起こりえます。たとえば加入時に風邪の治療で通院服薬していたとして。症状や期間、薬によっては加入が怪しくなることもあるんですよ。

自分のもしもの時に備える保険です。人任せにせず、ある程度の情報収集をしてから検討しましょう。ポイントを押さえてしっかり役立つ商品にめぐり合えると良いですね。

 

 

加入しやすい契約こそ注意

むかしに比べて規制緩和が進んだため、生命保険と一口に言っても銀行や損害保険会社はじめ至るところで販売している状況です。しかもインターネットのみを販売窓口としている会社も少なくありません。このような状況で注意していただきたいことは、簡単な診査で入れますと謳っている商品への加入です。

生命保険への加入を考えるのは、自分への健康的な不安要素を持ったときが多いと思います。これは逆選択と言って本来手続きが厳しくなります。しかし、テレビコマーシャルでもよく耳にする「既往症、過去に病気をされた方でも入れます」というキャッチフレーズの商品があります。不安を抱えているからこそ、飛び付いてしまいがちですが、ここに注意点があります。

気を付けて欲しいことは、給付金支給対象をしっかり確認して欲しいと言うことです。発症後何日経過後から支払い対象になるのか、また、既往症は対象になるのかどうか。給付金対象外はどんなものなのか。

ここは、納得いくまでしっかり確認をして欲しい項目です。単純に病気や怪我、手術をしたら、生命保険からお金が出ると思っていても、実際、どんな事象が該当となるのか把握しておらず、いざ請求しても、対象外と言われることが少なくないからです。しっかり確認をして下さい。

生命保険加入は社会人の証し

生命保険加入は社会人の証し

 生命保険の営業を受ける、これは安定した収入があると認められたと言っても過言ではありません。

「私に万一の事が生じた場合に困る人がいる」

だから生命保険に加入する。社会に参画しているからこそ加入の必要が出てきます。生命保険は社会人としてのステータスシンボルになります。

また急な疾病の治療費に分割払い、ボーナス一括払いは ほぼ存在しません。診療代を何よりも優先して支払らわなければなりません。そう、生活費よりも。このような場合でも医療保険に加入しておけば 不安は大きくないはずです。葬儀費用の平均も約100万円。自分が亡くなった後の遺された家族の苦労も 死亡保険に加入すれば 緩和されます。

だから所得税でも生命保険料控除があるのです。

最高5万円の控除を受ける事ができます。健康に絶対はありませんが、「死」は必ずおとずれます。社会の一員として存在している私たちが不測の出来事に遭っても 自分を支えてくれる周囲のみんなが平常に生活できるための手段、それが生命保険です。

 

女性特有の病気の対象を広げてほしい

私は生命保険に女性特約を付けて満期になったらお金が戻り貯金式なので今でもお金を引き出せるタイプの保険を契約していて月に13000円を18歳からずっと払っています。

私の収入は安定していないので収入が少ない時の支払いはきついし、何しろなかなか病気にならないから(ならない方がいいんですけどね)使う機会がありません。

一度子宮頚管ポリープの手術を受けましたが(その場ですぐ取れて日帰りです。)調べて見たけど女性特約の対象外のため全部自腹で15000円以上かかり自分の体の事とは言え収入が少ない時だったので生活がきつかったです。

私が思った最大のデメリットはメジャーな病気でないと対象外になると言う所だと思います。もし女性特約のカバー範囲がもっと広く少しでも戻って来てくれたらなぁと思います。

掛け捨てにしようと思った事もありますが、何もなければ損な感じになるしでも入っていない時に病気になったら困るので悩みます。

生命保険の掛け捨てタイプと積立てタイプの保険料と期間による違い

生命保険の掛け捨てタイプと積立てタイプの保険料と期間による違い

生命保険のタイプには大きく分けて掛け捨て型と積立型と呼ばれる2つのタイプがあります。掛け捨てタイプというのは、毎月の保険料が低く抑えられている代わりに、満期返戻金や支払い期間終了後に保険金が戻るなどの契約にはなっていないのでシンプルな生命保険という契約内容になります。

一方で積み立て型の場合には契約年数文の保険料を支払う事で保険料の支払いは終了しますし、その後の保障に関しても契約が継続をしますので終身などという保険の種類になっている事が多くなります。

そのほかにも積立型の場合には生命保険として役割と同時に老後の生活などの貯蓄型の併用という意味合いもある事から、一定年齢以後には契約で定められた金額が年金のような保障内容で契約者に支払われるような仕組みになっています。

一見すると積立型の方がとてもよさそうに思われますが、保障内容や生涯一定の保険料で契約ができる事から毎月の保険料は高めに設定されている事が多くなりますが、掛け捨てタイプの場合には毎月の保険料は低めに設定がされています。

掛け捨てタイプの生命保険は毎月の掛け金は低めに設定はされていますが、保障内容以外にも大きなデメリットがあります。一定年数で契約が切れる為に再度更新を行わなくてはならないので、その時の年齢によっては金額が一気に跳ね上がる可能性も考えられますので契約前に充分に検討をする事が基本になります。

どちらのタイプが良いかは契約者の家族構成や収入などによっても大きく異なりますし、特約や医療保険などのとの組み合わせによって、様々な考え方ができるのが生命保険の良い所でもあり悪い所でもあります。

毎月の保険料を選択基準に考えないのであれば、シンプルな生命保険は掛け捨て型で貯蓄などの事を考慮したタイプが積立型という事になります。

 

 

「掛捨て型」もベストな選択では

私は50代の男性、既婚者で子どもが1人います。現在は生命保険、定期保険でいわゆる「掛捨て型」の保険だと思われます。 若いときはともかく、50代になると終身保険や積立型の生命保険の保険料が、当然のことながら割高になります。でも、子育てにおける費用、教育費がかなり家計のウエートを占めていますので、私自身の保障にまわす経費がきびしくなってきます。

よく、「家計の見直し」というテーマでテレビ番組があったりしますけど、その中で家計の見直しで必ず挙がるのが「保険」です。生命保険料イコール見直し経費という感じです。

「掛捨て型」のメリットは、保険料の安さではないでしょうか。生活していく上で、自分の保障が確保できて、なおかつ家計への負担を軽減するという点がメリットです。

反対にデメリットは、積立型や終身型ではないという点です。生命保険を貯蓄の一環として考えて保険加入している人も多いと思います。定期保険を更新した場合、保険料が相当な金額になってしまう点も考えられます。

「掛捨て型」のメリット、デメリットを考えた場合、まず金銭面によるものがほとんどです。生命保険に加入するとき、家計への負担や加入者の年齢、家族構成など総合的に考えないといけないということです。私の場合は、「掛捨て型」がベストな選択だと思っています。

 

 

積立型生命保険のメリットとデメリット

積立型生命保険は、掛金は高いですが解約時に返戻金が戻ってくる貯蓄型の生命保険ですというフレーズが一般的です。しかし、中途解約で戻ってくる額は大抵が掛金を大幅に下回る額ですので銀行の定期預金のようにはいきません。掛金以上の額を被保険者が受け取るには、保険料の払い込みが終わった満期後も相当の年数をそのまま寝かせておく必要があります。

一見デメリットしかないように見えますが、払い込み終了後は定期預金よりも高い利率で返戻金額が増えていくので、長期的に貯蓄ができる余裕がある人は銀行に預けるよりも積立型生命保険を契約した方が資産は増えるでしょう。他にも生命保険として積み立てると、一定額まで税金の控除が受けられるので節税対策にもなります。

積立資金に余裕がある人ほどメリットがあるのが積立型生命保険です。中途解約する可能性のある人にはあまりメリットは無いでしょう。また、残された家族のためよりも将来の為の資産運用の面が強いため独身者向けでもあります。